散歩もの

友達のレシーバーズポンポンヘッドタイチさんにもらった真島昌利のアルバムを最近よく聞く。
このアルバムの中に入っている空席という曲が好きだ。
夜歩く 誰もいない
空車のタクシーが通る
マルクスレーニン主義的スピードでぶっ飛ばしてく
この曲の歌詞は全部好きだけれど特にこの部分が好きだな。